試聴する

天気職人

この曲の表示回数 40,024

この地球が眠りにつく頃
明日の空を仕込む天気職人は
黙々と色を混ぜ合わせて
世界を覆う 空を染め上げる

同じものなんて
二度とは出来やしない
いつでも気持ちを織り込む
ただ頑なに

雨にもちゃんとした素敵な理由がある
誰かの事を想う時にはこぼれる涙隠してくれる
晴れたらちょっとだけ青い色を借りて
痛む心に鳥を描こう いつかは風が吹き抜けてゆくでしょう

いつだってしかめっ面な彼が
今朝の仕事には少し満足げ

だから君の事
初めて誘えそうなんだ
ずいぶんぐずついた僕の背中を押して

最高の天気は最高の口実に
傘を離した右手を君に差し出してみようと思ってる
海にも街にも続いたこの空を
どこまでだって歩いてゆこう 眩しい陽の光につつまれ
そんな風に思いを巡らせたそがれに
明日はどんな日になるのかな 明日こそは誘えるといいのにね
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:天気職人 歌手:ポルノグラフィティ

ポルノグラフィティの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004/09/08
商品番号:SECL-328
SME Records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP