港の夢草紙

この曲の表示回数 1,232
歌手:

山本譲二


作詞:

里村龍一


作曲:

岡千秋


棄てて行くのなら 仕方がないと
火の酒あおって 背中を向けた
波止場の灯(ひ)が消えて 窓辺に積る雪
泣かれても 追われても 連れては行けない
最後の夜だよ
港の恋は 所詮は夢草紙

遠いふる里に よく似た町を
見つけたみたいに 暮らした二人
男の気まぐれか 女の身勝手か
つらいけど 悪いけど いい夢見たのさ
鴎よ哭くなよ
港の恋は ゆきずり夢草紙

男の優しさが 女を傷つける
別れても 離れても 未練は残すな
二度とは逢えない
港の恋は さすらい夢草紙
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:港の夢草紙 歌手:山本譲二

山本譲二の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994/11/18
商品番号:PCCA-694
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP