試聴する

巻き戻し

この曲の表示回数 1,234
歌手:

Jam9


作詞:

Jam9


作曲:

Jam9


夏の終わりを肌で感じる そんな時期でした
突然過ぎて今も記憶はあの日のまま

ついさっきまで傍で寝そべって
また帰ってくるからと約束して
背を向けた僕をあの日どんな目で見てたんだろう?
サヨナラが近いと分かっていて
でも「もしかしたら」なんて期待をして
あまりにも浅はかな考えでした

鳴り止まない電話が響き渡る 命の蛍火を告げる様に
運転する手が 震えて止まらない
信号機がぼやけて分からない
お願い神さま あともう少しだけ
時計は止まらない

巻き戻せるのならば会いたい
あんなに傍で触れ合えていたのに
願っても願っても もう届かない事
心で理解できない
やり直せるなら謝りたい
最期の最期で隣にいられなくて
悔やんでも悔やんでも消せはしないのに
振り返ると今日も涙が滲む

「家に帰ろう」そんな言葉が虚しく響いた
閉じた瞳が開かない事 信じたくなくて

いつの間にかこんなに時は過ぎて
変わらぬ物は無いと学んで
熱を奪われた体に寄り添って
小さな手を包む様に握って
明日が来ないでと眠らずに祈った
朝は訪れた

巻き戻せるのならば会いたい
あんなに傍で触れ合えていたのに
願っても願っても もう届かない事
心で理解できない
やり直せるなら謝りたい
最期の最期で隣にいられなくて
悔やんでも悔やんでも消せはしないのに
振り返ると今日も涙が滲む

今この手を離したなら 燃えて無くなってしまうと
離れることが出来なくて周りを困らせました
もっと一緒に 叶うのならずっと一緒に…

巻き戻せるのならば会いたい
あんなに傍で触れ合えていたのに
願っても願っても もう届かない事
心で理解できない
やり直せるなら謝りたい
最期の最期で隣にいられなくて
悔やんでも悔やんでも消せはしないのに
振り返ると今日も涙が滲む
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:巻き戻し 歌手:Jam9

Jam9の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019/06/19
商品番号:MUCD-1428
ドリーミュージック

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP