雨とルージュ

この曲の表示回数 813
歌手:

氷川きよし


作詞:

かず翼


作曲:

国安修二


さよならと言葉では 言えたのにどうして
ここから動けない 瞳のその奥に
まだ愛を探してる
別れの理由(わけ)など 聞いてもむなしい
傷つき終るのね 恋なんて幻想(まぼろし)
どれほど時が 過ぎてもぬくもりを
きっと唇が 忘れない
外は雨の街 外は雨の街
窓に にじむルージュ

ひび割れたグラスから こぼれてた幸せ
いつしか離れてた 心が分からずに
ただ夢に酔っていた
抱かれてしまえば 愛だと信じる
傷つき終るのね 恋なんて幻想(まぼろし)
迷子のように さ迷う街角で
今は唇が 淋しがる
雨が泣いている 雨が泣いている
濡れて にじむルージュ

どれほど時が 過ぎてもぬくもりを
きっと唇が 忘れない
外は雨の街 外は雨の街
窓に にじむルージュ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雨とルージュ 歌手:氷川きよし

氷川きよしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-06-04
商品番号:COCP-40900
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP