長編歌謡浪曲 戦国塩物語

この曲の表示回数 298
歌手:

三山ひろし


作詞:

三波春夫


作曲:

三波春夫


ぶどう畑の 葉も枯れて
秋風そぞろ 身に沁みる
甲府盆地の 昏れに
たなびく霧は 戦国の
夢を包んで 四百年

都は遠く 海も無い
この山国の くにたみを
愛しつづけた 信玄は
山の姿に 何想う
類稀なき 英雄が
その横顔に ふと見せた
悲しき影を 誰が知ろ

「何んと、越後の謙信が塩を送ってくれたと申すのか!
うむうむ 勇将・鬼小島弥太郎を使いとして上杉殿があの塩を…。
駿河の今川、相模の北条に塩を絶たれ
甲斐と信濃の領民の苦しみ難儀を
見るにつけても予は、断腸の思いであった」

思わずほろり ひとしずく
閉じた瞼に 浮かぶのは
永禄四年 秋九月 川中島の戦場で
朝霧ついて現れた 馬上の武者は矢の如く
我をめがけて 真っしぐら 「信玄覚悟」と斬りつけた
軍配持って受け止めて はじき返した太刀先に
眼光燃ゆる 凄まじさ
あれが越後の謙信かと 身の毛がよだつ想いした
あの謙信が戦さを越えて 塩を送ってくれたとは
如何なる心の大きさか 武士の情けが
人の情けが 身に沁みる

「勝頼よ、儂に若しもの時あらば謙信殿に相談せい。これは遺言だぞ。
だが家老共、越後の塩商人から一両でも高く買え、上杉の情けに報ゆる
武田の真心だ。それは又、甲斐源氏の力を示す。ハハハハ、戦じゃわい」

勝頼聞けよ 者共よいか
年が明けたら 出陣ぞ
風林火山の 旗なびかせて
汐の花咲く 海を見ながら 東海道を
京の都へ 上るのだ
京の都へ 上るのだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:長編歌謡浪曲 戦国塩物語 歌手:三山ひろし

三山ひろしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-05-15
商品番号:CRCN-20458
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP