(ぼくの)町

この曲の表示回数 766
歌手:

突然少年


作詞:

戸田源一郎


作曲:

突然少年


狭い部屋に5人敷き詰められ 過ごした僕らの季節の種
何をするのも 何もしないのも 全部俺の責任だと思う
外に出れば友達をいじめ それが俺の唯一の楽しみだ
僕は夏が大嫌いと言い その場をすっと立ち去る事に決めた
悲しみに麻痺する俺たち 笑い方も分からない僕たち
晴れた日が怖くて仕方ない 晴れた日が 怖くて 怖くて

ラーメン中毒 タバコ中毒 僕らは何度も繰り返す
人の顔は不思議だね そうだね

鼻水垂らしてこんにちは あって2時間は楽しくて
閉店間際のコンビニで 今日の夕飯買って帰る

いじめっ子の夏がはじまる 今日は誰をいじめるのか
いじめっ子の夏が終わる 今日も僕は泣いている
いじめっ子の夏がはじまる 僕は夏が大嫌いなのさ
いじめっ子の夏が終わる 人の困った顔や不安な顔が好きさ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:(ぼくの)町 歌手:突然少年

突然少年の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-04-17
商品番号:PCD-18030
Pヴァイン・レコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP