別離のヨコハマ

この曲の表示回数 7,578
歌手:

欧陽菲菲


作詞:

林春生


作曲:

筒美京平


坂道づたいに 港へ下りれば
灯りをともした横浜
いつかはこうなる 二人の間に
最後の時が来たわ
横顔はみせないで
想い出が ふえるから

船の汽笛を 聞きながら
愛の時計を 止めるわ
私は夢を見てた
誘惑の甘い夢

公園づたいに 桟橋まわれば
つめたい夜風の横浜
涙でかさなる 二人の間に
最後の時が来たわ
言い訳はいわないで
悲しみが つのるから……

街の灯りに ぬれながら
愛の時計を 止めるわ
私は夢を見てた
誘惑の甘い夢

船の汽笛を 聞きながら
愛の時計を 止めるわ
私は夢を見てた
誘惑の甘い夢
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:別離のヨコハマ 歌手:欧陽菲菲

欧陽菲菲の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-08-22
商品番号:TOCT-219
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP