試聴する

私の隣

この曲の表示回数 571
歌手:

午前3時と退屈


作詞:

航星


作曲:

航星


鏡の中で座っている
私(あなた)は息をしている
私が笑いかけると
私(あなた)も笑いだすわ

右往左往に行ったり来たりで
理性、個性も意味がないわ
目を瞑ってふと気がつくと
そこに私(あなた)はいない

愛されたのは私(あなた)じゃない
私はここに居る、私はここに在る
逃げ出したとて、戦いは続く
ならばいっそ己の像
消えて無くなったっていい

“全て” はあなたの隣にあるのだ
見つからないなら埋もれているのだ
隠しているのだ自分の影に
愛想振りまく自分の影に。
夕刻過ぎには影を創るため
灯りを灯してご飯を食べよう。
影に埋もれると不安になるから
電気を消したら、ひとみを瞑ろう。

愛されたのは私(あなた)じゃない
私はここに居る、私はここに在る
逃げ出したとて、戦いは続く
ならばいっそ己の像
消えて無くなったっていい

自己像幻視、対象は迫り始め
私を引っ張って、私を連れて行く
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:私の隣 歌手:午前3時と退屈

午前3時と退屈の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-02-13
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP