試聴する

夜行バス

この曲の表示回数 5,063
歌手:

CHEMISTRY


作詞:

canna


作曲:

canna


深夜0時過ぎの
静かな都会のビルを抜けて
走り出す 夜行バス

5年振りに帰る
ふるさと思って 涙浮かべ
カバンの中にしまい込んでた
幼い頃の記憶

遠ざかる… ただ あなただけを
ずっと抱きしめて 抱きしめられて
懐かしい あの後ろ姿
きっと忘れない 忘れたくない

朝日で目を開ければ
そこにはあなたと遊んだ空き地
よみがえる その風景

バスを降りたらすぐ
何度も大きく息を吸って
そよ風の中 あなたの香り
今でも胸に残る

離れゆく… ただ あなただけを
ずっと抱きしめて 抱きしめられて
懐かしい あの後ろ姿
きっと忘れない 忘れたくない

空に浮かぶあなたの笑顔
これからずっと照らしていて

いつまでも… ただ あなただけを
ずっと抱きしめて 抱きしめられて
懐かしい あの後ろ姿
きっと忘れない 忘れたくない

深夜0時過ぎの
静かな都会のビルを抜けて
また走り出す 夜行バス
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜行バス 歌手:CHEMISTRY

CHEMISTRYの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-02-13
商品番号:AICL-3622
SMAR

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP