たんぽぽ

この曲の表示回数 2,506
歌手:

みゆな


作詞:

みゆな


作曲:

みゆな


あの頃の僕は
たんぽぽのように「ふ~」と吹きかければどこか
飛んでいきそうなくらい軽くて。
風に煽られながら
大きな体を見つめる。
何も出来ずに。
ただ眺めていた。

根を張らなければ
どんな困難にも耐えられないのって。
僕にはない。力を。
君は魅せてくれたんだ。
なんでか涙がこぼれ落ちた。
僕は冬に咲く花になれる気がした。

彷徨い
留まりながら
歩き続ける僕は、
向日葵のように大きな顔を空に向けれるほど強くて。
風に荒らされても
大きなその体で
耐え抜く。
頭の中。

根を張らなければ
どんな災難にも耐えられないのって。
僕にはない。オモイを。
君は魅せてくれたんだ。
なんでか心が熱くなった。
僕は冬に咲く花になれるかな。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:たんぽぽ 歌手:みゆな

みゆなの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-02-06
商品番号:HPP-1011
HERE, PLAY POP

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP