試聴する

いつかの君へ

この曲の表示回数 198
歌手:

岸洋佑


作詞:

マシコタツロウ


作曲:

マシコタツロウ


読みかけてたページをめくる
凍えそうな真冬の空に 浮かんでまた消えゆく想い
そして 君はどこにいるのだろう

悲しみに塞ぎ込むような そんな夜もあったね
朝が連れて来る光を待ってた
君がいてくれたからこそ 今の僕がここにいるよ

手のひらで溶けて無くなった 儚い光
まるで君のようで

こんなにもせつない想いは いつかの冬の
まるで恋のようだ

降り積もるのは
まるで君のようだ

かじかむような寂しさよりも それに慣れる事が寂しい
思ったより空が低くて だから 急に息が詰まるんだ

バスタブに何杯分かの言い訳を背負っても
それでも頑張れると思えるほど
失って初めてじゃなくて 本当は前から知ってたんだ

手のひらで溶けて無くなった 儚い光
まるで君のようで

こんなにもせつない想いは いつかの冬の
まるで恋のようだ

手のひらで溶けて無くなった 儚い光
まるで君のようで

こんなにもせつない想いは いつかの冬の
まるで恋のようだ

降り積もるのは
まるで君のようだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:いつかの君へ 歌手:岸洋佑

岸洋佑の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-12-05
商品番号:COCP-40594
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP