試聴する

いつか、虹の下で

この曲の表示回数 24,106
歌手:

w-inds.


作詞:

jam


作曲:

david evance


見慣れた道が 何故だろう?
少し明るく見えてくる
始まりなのか 終わりなのかも
まだ 分からない「卒業」

Friends are Friends
そう君が
いつもそこにいてくれた

僕らが見上げた空
ひとりずつの青空
同じ形の夢 ひとつもないけど
まだ少し頼りない 翼を風に立てて
Anywhere Anyway
飛んでゆけばそれでいい
いつか、虹の下で会おう

傷つけあえた事さえ
出逢えなければ出来なかった
どうして人は 失くしてから
大事だったと知るんだろう

Friends are Friends
もう時間だ
二度とここへ 帰れない

あの頃の僕たちが
光りの中手を振る
今日が来る事など 知りもしないで
強がりの笑顔だって お互い分かってる
Somewhere Someday
それでも今言わなくちゃ
「君に会えて嬉しかった」

青春って言葉は 大人達の言い訳
キレイなんかじゃない 苦しかったさ
僕らが見上げたそら
ひとりずつの青空
Anywhere Anyway
飛んでゆけばそれでいい
いつか、虹の下で会おう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:いつか、虹の下で 歌手:w-inds.

w-inds.の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-03-16
商品番号:PCCA-70108
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP