試聴する

四季折々に揺蕩いて

この曲の表示回数 27,623
歌手:

After the Rain


作詞:

まふまふ


作曲:

まふまふ


水上から 花は道も狭に
木漏れ日が足を止めたら
其処でお別れ

口に残る ずっと好きでした
恋い焦がれている時間など
ボクにないのだ

間違っても 間違っても
「君は恋しちゃいけないよ」

バレないように耳打ちした
あの日は遥かの空

夜桜よ舞え 踊れ
夢と歌詠鳥を乗せて
翌なき春まで行け
たとえ君が忘れてしまっても

涼風よ舞え 踊れ
夏と汗ばむ君の髪が雲に隠れても
ずっと見惚れたい
季節の折々にて

あやすように 伽してくれた夜は
掬えども指の隙間を
するり溶けていく

君に触れて 優しくされてから
待ち望んでいた季節が
いたずらに過ぎる

間違ったな 間違ったな
「君に恋してしまったな」
甘いものはもういらないくらい
好きみたいです

秋雨よ舞え 踊れ
白帝と律の調べ
頬の下紅葉 雨催い
憂いを 傘で寄り添う理由に

風花よ舞え 踊れ
夜の静寂を連れて
その手 左のぽっけに入れたら
寄り添おう
季節の折々にて

四季折々の風が 君を素敵に飾る
遠い夢のまた夢へ
ボクを連れて行ってよ

春と黒髪 夏の浅瀬
秋色の頬 冬は寝起きの悪い君も
ボクは ボクは どれも好きだったよ

山紫水明 染まる君と
百花繚乱の日々よ
記憶の彼方へ

ずっと見惚れたい ずっと触りたい
さよなら さよなら
季節の折々にて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:四季折々に揺蕩いて 歌手:After the Rain

After the Rainの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018/09/05
商品番号:GNCL-1308
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP