朝日のあたる家

この曲の表示回数 2,353
歌手:

美川憲一


作詞:

PD


作曲:

PD


私が着いたのは ニューオーリンズの
朝日楼という名の 女郎屋だった

愛した男が 帰らなかった
あの時私は 故郷(くに)を出たのさ
汽車に乗って また汽車に乗って
貧しい私に 変わりはないが
時々想うのは ふるさとの
あのプラットホームの薄暗さ

誰か言っとくれ 妹に
こんなになったら おしまいだってね
私が着いたのは ニューオーリンズの
朝日楼という名の 女郎屋だった
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:朝日のあたる家 歌手:美川憲一

美川憲一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-08-29
商品番号:CRCN-41294
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP