試聴する

Wither

この曲の表示回数 257
歌手:

糸奇はな


作詞:

糸奇はな


作曲:

糸奇はな


耳を ふさいでいた
心が枯れる音 が、した。

明日にも 散るような 一輪の花に
どうして、水を注ぐ だろう。

いつか うそになる、と かわいた声で わらう
いつか くる 終わりに おびえては、待ち 焦がれている

ひざを かかえていた
枯れた心を、抱きしめた。

明日にも 歌えなくなるような あの子を、想った。
あの 声が、 すき だった。

すぐ わすれられる、と かわいた目を ほそめる
いつか くる 終わりを 夢見ては おそれ 拒んでいる

『かれていく…
あのひ さいた はな が、かれていく… 』

いまに 見捨てられる。
ほら、 君も 背を 向ける。
さし伸ばされていた てのひらは、 ひるがえる。

いろあせた 世界に
なにも 見いだせない と
かわいた くちびるで つぶやけば
あかいろが にじむ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Wither 歌手:糸奇はな

糸奇はなの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-08-07
商品番号:PLCD-3
PHANTOM LILY

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP