試聴する

クラゲになった日の話

この曲の表示回数 611
歌手:

杏沙子


作詞:

幕須介人


作曲:

幕須介人


あれはよく晴れた夏の日でした
朝から近所の図書館へ、涼みに
昨日は蒸して眠れなかったので
本に隠れて寝ようかと思って

食わず嫌いは直す気もない
きっとあなたを好きにはならない
手にとった小説の書き出しを
何度も読み返しているうちに

私はいつの間にか海の中にいて
ゆっくり漂っていました
ほんのり光るクラゲになって
何も考えることはなく
ただただ潮の流れに
身を任せているようでした

散らばった文字には気付かないまま
深く息をして、浮かんでゆく

それから沈みだした光をあつめて
大きな枕をこさえました
いつか聴いたようなうたで眠って
ずっと醒めることなどなく
ただただ潮の流れに
身を任せているようでした
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:クラゲになった日の話 歌手:杏沙子

杏沙子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-07-11
商品番号:VICL-65025
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP