この曲の表示回数 16,911
歌手:

sumika


作詞:

KENTA KATAOKA


作曲:

JUNNOSUKE KURODA


桜の花のひとひらが
風に舞って飛び込んできた
そんなイメージなのさ
君との出会いはきっと

4月の衝撃を僕は忘れられず
下手くそすぎる慣れないアプローチで
近付いてみては

時は流れ手を繋ぐのも慣れ
花に見慣れて水もあげ忘れ
夢追う自分を盾にしては
優しい君の温もりに甘えてばかり
心地良くて

不意に漏れた
ため息気付いているのに
僕の言葉は宙を舞って
君の心届かずしおれて
儚くうつむいていった

4月の風がすり抜けて
昨日のこと思い出して
君の心は離れてゆくことはない
まだ きっと まだ

そんな目をして頷くなよ
僕のわがままなんだろ
価値観と言えばそれまで
君は君で僕は僕
それだけでいいはずなのに

不意に触れた
温度で気付いているのに
温める術が分からない
ふわりふわり
君あの日のように
風に乗ってどこか遠くへ

きっとずっともっと
触れていたいのに
近くに居たいのに

形だけの言葉だけを
並べるのはちょっとズルいね
分かっているよ
変わらなきゃね

君の髪が風でなびいて
途端に怖くてたまらない

不意に触れた事にして
君捕まえて
僕以外に飛ばないように

君の心を咲かす
為にもっと僕は
言葉と心の水をかけよう
誓って
すやりニヤけて寝息をたてている
花を眺めた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:rem. 歌手:sumika

sumikaの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-06-10
商品番号:NOID-5
[NOiD]

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP