冬の唄 -New Version-

この曲の表示回数 317
歌手:

H△G


作詞:

H△G


作曲:

H△G


“しん”とした冬の朝、降り出したその雪は、
見慣れた景色を午後には白くしていた。

弱虫だったあの冬の日、強さの意味さえ知らなかった。

踏みつけられたこの雪の上にも、また新しい雪は積もるだろう。
汚れかけた僕の心さえも白く染めてく。

眩しい制服の白すぎる残像が、
藍色の冬服を少しだけ地味に見せてた。

泣き虫だった君はまだ、強さの意味さえ知らなかった。

踏みにじられたその心の中にも、また真っ白な雪が積もるだろう。
そしていつかその傷跡さえ隠してゆく。

雪解けの校舎に明かりが灯れば、見慣れぬ景色にこの胸 高鳴る。

踏みつけられたこの雪の上にも、また新しい雪は積もるだろう。
汚れかけた君の心さえも白く染めてく。

儚き雪のその無垢な白さと、うつむいたまま過ごしたあの冬を、
僕はそっと胸にしまい込んで唄にしてゆく。
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冬の唄 -New Version- 歌手:H△G

H△Gの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-02-14
商品番号:TKCA-74627
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP