この曲の表示回数 795
歌手:

CYANOTYPE


作詞:

西間木陽


作曲:

西間木陽


腹の奥がねじ切れそう
外は暗く、どす黒いものがうごめいて
絞首台に登る勇気なんてないんだ
涙すら流れない

壊れる前に救われたくて
助けを求めた
全身を照らす光に
私は包まれた

君の光は何だ
どんなに小さくたって構わない
君の光は何だ
涙が溢れて雨になる

燃えてしまえ そう、全てのことが
燃えて広がって無くなれば楽なのに
炭に、なる前に気づけたのは誰かの
涙が火を、消したのだろうか

壊れる前に救われたくて
助けを求めた
涙が川となって
僕は流された

君の光は何だ
どんなに小さくたって構わない
君の光は何だ
涙が溢れて止まらない

涙の川に流されながら
誰も知らぬところへ
濡れることを怖がらないで
光は熱をくれる

ただ一筋の光さえ見えぬ
闇夜だとしても
君の体温が乾かしてくれる
光は君の中に

君の光は何だ
どんなに小さくたって構わない
君の光は何だ
涙が溢れて

君の光は何だ
そう、見つからなくたって構わない
君の光は何だ
君の中には光がある
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:光 歌手:CYANOTYPE

CYANOTYPEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-01-24
商品番号:SICL-30042
SMJ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP