天と暦

この曲の表示回数 894
歌手:

髭切(花江夏樹)、膝丸(岡本信彦)


作詞:

ミズノゲンキ


作曲:

R・O・N


移ろうひとときを 慈しみ ゆるりと越え
月の澄んだ夜半 曇らせないように

数知れず譲り受けていざ 秘めた光を
在るべきものを 守るために灯して

ともに信ず 覚ゆかけら 待ち過ぐす月日
朱に染まる 跡を辿り 向こうざま映す
おぼつかなし遠く揺れる 面影にきけば
また廻り合うため 坂のこわき登り 強くあろう

行く方尋ねても 末はただ せむかた無し
ならば流れに 任せて進むのみ

白い泡沫が岩が根を まろめたるように
ほどほどしくも 今に現るのなら

歩む足の 向かう先が 同じでなくとも
いずれ何処か 道は交じる 然るべき時で
長き夢を結び解いて ゆげする心地は
あやかしも惑いも 打ち果たしたのちに

あゝ土と木々の間 もの思ふたそがれの空
授かりし身を 呼びとよむ声 此処に来たれり

ともに信ず 覚ゆかけら 待ち過ぐす月日
朱に染まる 跡を辿り 向こうざま映す
おぼつかなし遠く揺れる 面影にきけば
また廻り合うため 坂のこわき登り 強くあろう
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:天と暦 歌手:髭切(花江夏樹)、膝丸(岡本信彦)

髭切(花江夏樹)、膝丸(岡本信彦)の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-01-10
商品番号:THCS-60178
東宝

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP