時代おくれの酒場

この曲の表示回数 42,884
歌手:

高倉健


作詞:

加藤登紀子


作曲:

加藤登紀子


「人が心に思うことは誰も止めることはできない…」

この街には 不似合いな
時代おくれの この酒場に
今夜もやってくるのは
ちょっと疲れた男達
風の寒さを しのばせた
背広姿の 男達
酔いがまわれば それぞれに
歌の一つもとびだして
歌を歌えば 血がさわぐ
せつなさに酔いどれて
気がつけば 窓のすき間に
朝の気配が しのび込む
どこかに何か ありそうな
そんな気がして
俺はこんなところにいつまでも
いるんじゃないと
この町には 住みあきて
俺の女も どこかへ行った
あいつ今頃どこでどうして
どんな男といるんだろ
夢の苦さを 知りもせず
夢をさがしているんだろ

ルルル…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:時代おくれの酒場 歌手:高倉健

高倉健の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP