試聴する

紡ぎノ島

この曲の表示回数 2,059
歌手:

fumika


作詞:

hotaru・fumika


作曲:

中崎英也


潮風に触れたなら
まだ夏空の香りがした
路地裏の雑草は
ほら揺れながら生きているの

涙が落ちた水たまりさえ海が受け止めてくれる
海岸通り遠く見上げて過去と未来を抱きしめながら

海の向こう手を振るよ
寄せては返してく波間に
いつまでも変わらないもの
海を越えて時を越えても
私はずっとここにいる

貝殻に耳澄まし
あの思い出が聴こえてくる
忘れてた記憶さえ
今の私に息づいてる

喜び一つ悲しみ二つ数えて立ち止まっても
砂に消えたあの絵のようにやがて強さに変わってゆくよ

空の向こうこの声を
波音に重ね届けたい
どんなときもここで歌うよ
長い夜も冷たい朝も
いつもあなたを見つめてる
何気なく差す朝日は
日陰を照らして街を包むよ
いつもずっとここにある
いつもきっと見守ってる

海の向こう手を振るよ
寄せては返してく波間に
いつまでも変わらないもの
海を越えて時を越えても
人の想いは紡がれる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:紡ぎノ島 歌手:fumika

fumikaの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-11-29
商品番号:YRCN-90279
よしもとミュージックエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP