1979

この曲の表示回数 264
歌手:

見汐麻衣


作詞:

Mai Mishio


作曲:

Mai Mishio


楽しい ひととき
想いは 紡ぐことなく
独りずつ それぞれの
胸に

優しい その声
涙は こぼすことなく
乾いた 湖の
底へ

テーブルには
枯れた気品と ついたての嘘を
残したまま

夜が明けたら
誰でも ためらうことなく
観じて 寄る辺なき
明日に

テーブルには
錆びた時計と ついたての笑顔
飾ったまま
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:1979 歌手:見汐麻衣

見汐麻衣の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-11-15
商品番号:PCD-18827
Pヴァイン・レコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP