試聴する

雨と雫

この曲の表示回数 1,576
歌手:

東京女子流


作詞:

川之上智子


作曲:

中谷信行


どしゃ降りの中 一つ傘差して
二人 歩いてゆく
触れ合う距離に 躊躇わないでよ
大人のくせに

スーツ濡らし 守ってくれても
欲しいものは 優しさじゃないから

私の事を 大事だと言うのなら
本気の感情で ちゃんと傷つけてよ
まだ子供だと 思ってるの?ずるいよ
雨に紛れて こぼれた雫 涙

いつかあなたと 選んだスカート
雨に 汚れてゆく
ごめんねなんて いい人はやめて
嫌いにさせて

分かってたの 一度も あなたは
私に恋なんて してなかった

あなたの事は 忘れるねと告げたら
傷ついた顔して 最後まで嘘つき
本当はどこか 安心しているんでしょ
あなたの 頬の雫は ただの雨ね

好きじゃ無いのに 好きな振りして
そんな優しさは もう いらないの

私の事を 大事だと言うのなら
本気の感情で ちゃんと傷つけてよ
震える胸を 打ちつける この雨は
大人になるための 最後の涙
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雨と雫 歌手:東京女子流

東京女子流の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-10-25
商品番号:AVCD-93746
avex trax

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP