試聴する

Fourside Moonside

この曲の表示回数 7,483
歌手:

サイダーガール


作詞:

Yurin


作曲:

Yurin


明かりのない部屋の暮らしに
寂しさを重ね合わせて
誰かのせいにしたって
誰にも咎められやしない

いつかは振り向くかな
そんな夢を見てしまうんだ

何もない日々から
船を飛ばそう 月の果てまで
君の価値を知るのは他の誰でもない

暗くも明るい街は
無重力の星の上に
イエスと言えばノーとなる
赤いポストが歩いてる

いつかは笑ってくれよ
そんな無責任には言えないな

解れてゆく日々から
愛を覗く 後悔の果てに
何に価値があるのかは君が決めることだ

銀河を廻せば 言葉は些細さ
自由に行こうぜ この世界の
全ては君だけのもの

今日も何もない日々から
船を飛ばそう 月の果てまで
君の価値を知るのは他の誰でもない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Fourside Moonside 歌手:サイダーガール

サイダーガールの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-10-18
商品番号:UPCH-2138
ユニバーサル ミュージック

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP