十七機織り唄

森田彩

十七機織り唄

作詞:埼玉県民謡
作曲:埼玉県民謡
発売日:2017/10/04
この曲の表示回数:2,979回

十七機織り唄
十七 八は眠い頃 朝起きて
米とぎ桶を枕に 桶を枕に

工場の屋根で鳩がなく なんとなく
夜が明け 早く起きよと 早く起きよと

村田工場で機織れば 若衆が
窓から文を投げ込む 文を投げ込む

東京で流行る繻子の帯 いまここで
流行る 紺の前掛け 紺の前掛け

日機 夜機は苦にせずに 主のため
春来りゃ 好いたお方と 好いたお方と

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません