試聴する

僕と君の子午線

この曲の表示回数 2,490
歌手:

伊勢正三


作詞:

伊勢正三


作曲:

伊勢正三


砂浜にあったよ
sun oilの白いキャップ
捜してたね 君は shower room
生まれたままの姿で
突然 飛び出す君に出くわすなんて
とてもいい日になりそう

coconut の匂いがする
towel とって投げてよ まぶしすぎる
今を止めないで
愛は孤独な顔して
逃げるふりをすることもある

群青の空から
降り注ぐ渚の energy
肩でうけて その肩を寄せ合う
この空をまっすぐ
どこまでも行けば ここに戻ってくる
そんなこと考えてる

ひとふりの backgammon に
賭けたような恋ではなかったのに
暑い夏の日の
時は その時間だけを
流れてゆくものでもなくて

今を止めないで
夢もかなえてみせるさ
水平線断ち切るように
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:僕と君の子午線 歌手:伊勢正三

伊勢正三の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-11-20
商品番号:PCCA-418
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP