試聴する

しあわせの詩

この曲の表示回数 34,683
歌手:

Uru


作詞:

Uru


作曲:

lotta


気がつくとまた目が覚めて
初めに見るいつもの天井
今日はどんな服を着て 何を食べようか

気がつくとまた目を閉じて
最後に見るいつもの天井
明日は何をして 何を思うだろう

歩けば足音が心地良くて
疲れた体が心地良くて
瞬きするように小さな事だけど
それが幸せ

誰かの言葉が温かくて
あなたの笑顔が温かくて
一つ一つ喜びが積もっていく
これが一番の幸せ

うまくいかない事もある
何でいつもこうなるんだろう
こぼれたため息が すぐに跳ね返る

帰り道北風が冷たくて
変だな、頬がやけに冷たくて
逃げ出したい日もあるけど
心細い夜は尚更

灯した明かりが温かくて
もたれた背中が温かくて
きっとこんな夜も大事なもの
確かめるためにあるんだろう

歩けば足音が心地良くて
疲れた体が心地良くて
瞬きするように小さな事だけど

誰かの言葉が温かくて
あなたの笑顔が温かくて
一つ一つ喜びが積もっていく
これが一番の幸せ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:しあわせの詩 歌手:Uru

Uruの新着情報

  • PUZZLE / ♪夜の闇に姿を溶かして耳を
  • 雪の華 / ♪のびた人陰を舗道に並べ
  • プロローグ / ♪目にかかる髪の毛とかきわけた
  • remember / ♪夏の終わりを知らせるように
  • ごめんね。 / ♪目が覚めたら念入りにmake up

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-06-07
商品番号:AICL-3335
SMAR

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP