試聴する

百年の満月

この曲の表示回数 3,806
歌手:

ZABADAK


作詞:

小峰公子


作曲:

吉良知彦


終わりの来ない夜を
願う恋人たちの
瞳はとても小さな
月でできてるね

まばたくたび満ちてゆく
すべて忘れないために
あたたかく薫る闇を
やさしく照らすために

百年が過ぎ 全て消えても
僕の想いこめて その月は昇るよ

青く水に沈んだ
庭にたたずんで
あなたを抱きよせたなら
開いてゆく夜

指先はいつも脆い
カタチなぞるだけ けれど
確かなものはすぐに
この手を離れるから

夜の光に 浮かびだすもの
それだけを信じて あの月は昇るよ

永い時がたてば
あなたのことさえ
誰も知る人は去って
名前さえ消えて

二人のあと追いかけて
吹いてた風さえ
もうどこにも見つからなくて
それでも日々はすぎて

あの月だけが 光の中に
恋人たちの夢 ただ抱きしめてるよ
百年が過ぎ 全て消えても
この僕の想いは空を駆けているよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:百年の満月 歌手:ZABADAK

ZABADAKの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-09-07
商品番号:WPCL-10986
ワーナーミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP