試聴する

夜毎、神話がたどりつくところ

この曲の表示回数 5,069
歌手:

ZABADAK


作詞:

小峰公子


作曲:

吉良知彦


もしかしたなら この森の彼方には
夢見た国が あるのだろうか
さすらう心 解き放つかがり火に
その国の地図 見えるだろうか

幻はいつも 謎めいた
異国の言葉で ささやくよ

帰らない 大地開く
鍵を見つけた その時に
眠らない 枯れた瞳
きっと何か うつすだろう

いくつもの川 いくつもの谷間から
故郷をうたう 声が響く
闇にとけだし 散りゆくその声は
しるべの星を つくるだろう

やがては ちいさな者にさえ
やすらぐ場所へと 照らすように

帰らない 大地開く
鍵が導く その先は
夜毎に 生まれかわる
神話が たどりつくところ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜毎、神話がたどりつくところ 歌手:ZABADAK

ZABADAKの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-09-07
商品番号:WPCL-10986
ワーナーミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP