酔恋花

この曲の表示回数 7,837
歌手:

藤野とし恵


作詞:

松井由利夫


作曲:

弦哲也


どうにもならない淋しさを
まぎらすつもりの酒なのに
酔えば女の 愚痴になり
酔わなきゃ未練が尾をひいて
北の港の こぼれ灯に
かさねる面影 酔恋花

逢わなきゃよかった あの人に
言わなきゃよかった つよがりを
酔ったふりして 外に出りゃ
霙がいつしか 雪模様
消しておくれよ なにもかも
咲いても咲けない 酔恋花

恋して涙を 知るたびに
女はきれいになるなんて
雁が浜辺で 流れ木を
集めるみたいな夢さがし
さがしつかれて 躓いて
それでも春待つ 酔恋花
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:酔恋花 歌手:藤野とし恵

藤野とし恵の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-02-22
商品番号:TEDA-10331
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP