桜刻

この曲の表示回数 6,836
歌手:

緒方恵美


作詞:

李醒獅


作曲:

堀隆


蒼い空の下 花招き 星招いて
静かにさしだすその手には あらがえはしないだろう

片肌脱ぐ小袖に
ひときわ匂いたち 姿よく映る
風などそよいでくれば 花衣さざめく
盃満たした頃合 心憎いばかりでは?

空よりも蒼い やさしさに 木漏れ日さす
共に歩きたい どこまでも 獣道でも
ひとりは寂しくはないかと その背がいう
振り向きはしない 意図しては
歩みをゆるめるのみ

花篝消えたのち
ひときわ艶やかな 立ち姿映る
そこはかとなくただよう 忘れ難い羅国
朱を刷いたその横顔は ただならぬ円かさでは?

空よりも蒼い やさしさに 星影さす
並び歩きたい どこまでも 獣道でも
そこに目を配り 夢配り 分かつ望み
共に生きるのに値する
穏やかなる世界を

空よりも蒼い やさしさに 星影さす
並び歩きたい どこまでも 獣道でも
そこに目を配り 夢配り 分かつ望み
共に生きるのに値する
穏やかなる世界を
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:桜刻 歌手:緒方恵美

緒方恵美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-12-25
商品番号:KICA-588
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP