螢篭

志賀勝

螢篭

作詞:喜多條忠
作曲:荒木とよひさ
この曲の表示回数:25,649回

螢篭
あれは十八縁日で
お前が買った螢篭
わが身こがして夏を乞う
哀れにそっと解き放ち
一つはなせば するすると
二つはなせば お前の頬を
かすめて光る恋だった あゝ恋だった

おれが二十才かあの頃は
かすかに光る螢篭
浴衣のお前抱き寄せて
別れをそっと打ちあけた
一つはなせば するすると
二つはなせば お前の頬を
涙が伝う恋だった あゝ恋だった

お前どうしているだろか
遠くに見える螢篭
時のたつまま流されて
故郷すらも帰れない
一つはなせば するすると
二つはなせば お前の頬を
かすめて光る恋だった あゝ恋だった

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

リアルタイムランキング更新:18:00

  1. 大正浪漫
  2. Cry Baby
  3. 夜に駆ける
  4. ドライフラワー
  5. シル・ヴ・プレジデント

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照