螢篭

この曲の表示回数 18,455
歌手:

志賀勝


作詞:

喜多條忠


作曲:

荒木とよひさ


あれは十八縁日で
お前が買った螢篭
わが身こがして夏を乞う
哀れにそっと解き放ち
一つはなせば するすると
二つはなせば お前の頬を
かすめて光る恋だった あゝ恋だった

おれが二十才かあの頃は
かすかに光る螢篭
浴衣のお前抱き寄せて
別れをそっと打ちあけた
一つはなせば するすると
二つはなせば お前の頬を
涙が伝う恋だった あゝ恋だった

お前どうしているだろか
遠くに見える螢篭
時のたつまま流されて
故郷すらも帰れない
一つはなせば するすると
二つはなせば お前の頬を
かすめて光る恋だった あゝ恋だった

このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:螢篭 歌手:志賀勝

志賀勝の新着情報

  •  / ♪苦しみや悲しみを
  • みれん橋 / ♪泣いて別れた恋だから
  •  / ♪一度選んだこの道は 何があろうが
  •  / ♪いつもおやじが云っていた
  • 残侠ふたり旅 / ♪義理と人情の四文字が なけりゃ

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP