この曲の表示回数 9,579
歌手:

See-Saw


作詞:

梶浦由記


作曲:

梶浦由記


手のひらで包み込む頬にくちびるを寄せて
冷たい雨に濡れている 静けさの中
恋に震えるたびに初めての気がするから
黙り込むのはただ声を聞いていたくて

背中に小指がキレイにはまるだけで
胸の涙が一つずつ消えるようで

手のひらの中いつもこの安らぎを下さい
これが最後の慰めだと信じていいの

木漏れ日の寒さにも慣れた冬の終わりには
微笑むだけの頼りない恋でもいいわ

想いを分け合うことなどいらないの
今は貴方の温もりだけでいい それだけが全てよ

手のひらで包み込む頬にくちびるを寄せて
冷たい雨に濡れている 恋をしている

このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:LOVE 歌手:See-Saw

See-Sawの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-02-21
商品番号:VICL-61069
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP