試聴する

摩天楼の羊

この曲の表示回数 6,247

ふやけた林檎をかじってしまったような毎日は
違和感で限界さ
世の中の裏側に
知らんぷりなど小賢しい
死ぬまで抗えない気味悪さ

ひとつでも本当を叫び
まずは脱出そうとしたい
救いを求めたい

賞賛と中傷に紙一重の差は無い
そうさ気にしていてもムダなこと

ひとつでも現実に石を投げて
すぐにはとどかない
放り出しはしない

常識という
羊のふりしたワルが
摩天楼にとどろくオキテでも
はるか上空で見下ろせるものさ
そしていつか
ボクはボクと知り合うだろう

だって情愛にも計算が絡んでくる
夢は
摩天楼の哀しみにまみれる
だけど
ひとひらの希望が舞い降りれば
そして いつか
ボクはスピードを上げて
駆け抜けていくよ

このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:摩天楼の羊 歌手:SING LIKE TALKING

SING LIKE TALKINGの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP