試聴する

小田急柿生

この曲の表示回数 36,065
歌手:

19


作詞:

岡平健治


作曲:

岡平健治


住みなれた部屋を後にし 残る思い出過ぎ去りつつ
僕はここを離れて行きます 思い出がつまりかけた時なのに
過ぎ去りし時間は 僕の心をいやしてくれるでしょう
悲しみ超えて 忘れるわけにはいかないんです
君と二人乗りした水色の自転車 川辺走り行く思い出の場所だから

近くの八百屋で野菜を 良心的なお店でした
世界で最高の料理を食べたい 僕の要望にこたえてくれたね
君が雨なら 僕は体中ずぶぬれになるよ
君の心を そう受けとめたのに 僕の勘違い
悲しい歌にしたくなかったけど なんとかなるよ今はしょうがないだろう
ただ一つ僕に言えるのは ここは愛した場所で愛された場所なんです

僕が消えても 君の歴史(こころ)の中にずっと残るでしょう
未練がましいです 僕の心の中 やりきれないんです おさまらないんです
君が雨なら 僕は体中ずぶぬれになるよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:小田急柿生 歌手:19

19の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-08-22
商品番号:VICL-35288
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP