世界でたったひとりの君に

この曲の表示回数 1,356
歌手:

笠浩二


作詞:

Masumi Kawamura


作曲:

Kyohei Tsutsumi


しょんぼりしてると
月が 隠れる
ベッドを抜け出し
ここへおいでよ

屋上 昇りつめたら
七つ星たどって
その向こうに 光る窓
遠く 君を感じてる ah

ひとつの悲しみ
いくつもの夢に
変えて返してあげる
夜明けに乗せて

机にこぼした
インクの海を
指で 広げたら
おぼれそうになる

夜更けは 僕の名前を
ダイアリーに書いて
その時間が 来るたびに
きっと 君を思うから ah

二人の出逢いは
ルーレットみたい
選ばれた数のように
回っているよ

ひとつの悲しみ
いくつもの夢に
変えて返してあげる
夜明けに乗せて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:世界でたったひとりの君に 歌手:笠浩二

笠浩二の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-12-21
商品番号:UPCY-7212
ユニバーサル ミュージック

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP