試聴する

江古田

この曲の表示回数 6,174

僕らしさも分からず
一人で歩いてる
駅までの道のり

二日酔いの頭を
支えながら登る
せまい歩道橋を

悲しみを振り返っている暇もなく
朝の踏み切りのゲートが上がってく

動き出す街に 今日もまた駆け込んでゆく
電車のブレーキに 足とられよろめいている

君らしい「サヨナラ」に
整理もつかなくて
時にまかせたまま

街頭のモニター見上げて
気付いたら朝の交差点 一人で立ってた

行き交う人と 今日もまたすれ違って
誰かのクラクションにせかされて 慌てている

それぞれの願いはこの先 どこに辿り着くのだろう
そして僕は

動き出す街に 今日もまた駆け込んでゆく
電車のブレーキに 足とられよろめいている

ビルの谷間に新しい風が吹いて
いつかの痛みも 薄れてゆく様な気がする
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:江古田 歌手:山崎まさよし

山崎まさよしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-10-14
商品番号:POCH-1858
ポリドール

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP