明日の風

この曲の表示回数 10,458
歌手:

岡村孝子


作詞:

岡村孝子


作曲:

岡村孝子


一番星を見上げながら
あなたへの家路を急いだ日々
ぜいたくすぎる安らぎさえ
永遠に続くと思っていた

あれから私だけ時間が止まってる
どこへも進めないままに

あなたのいない季節が あなたと生きた季節を
こうして静かに追いこしていく
痛みにかえて手にした自由に疲れて
今日も流されていくの

飛び乗る地下鉄の窓には
知らない私が映っている
何かを探せない心を
もてあまし人ゴミにのみこまれながら

激しく傷ついてせつなくときめいて
誰かを愛していますか

不幸な訳じゃないけど 悔やんでなんかないけど
時々自信を失くしてしまう
投げ出すように生きてる自分にいつしか
慣れていってしまうから

あなたのいない季節が あなたと生きた季節を
いつかはきれいに追いこすけれど
ひたむきなまでに愛したあの日の情熱
ずっと忘れずにいたい

あなたのいない季節が あなたと生きた季節を
いくつも静かに追いこしてゆく
明日の風に吹かれてさまよう時にも
まっすぐ歩いていたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:明日の風 歌手:岡村孝子

岡村孝子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-02-19
商品番号:AMCM-4232
イーストウエスト・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP