砂丘の宿

この曲の表示回数 7,094
歌手:

佐藤勢津子


作詞:

星野哲郎


作曲:

四方章人


隠岐は吹雪か 灯りもちぎれ
主の安否が 気にかかる
逢いた見たさに 襟かき寄せて
濡れた砂簾を 素足で踏めば
指の小股で 砂も泣く

波に柔まれる あの漁火は
松葉ガニ採る 男衆
噂なりとも 届けておくれ
松は枯れても 私は待つと
ひとり砂丘の この宿で

桔梗かるかや 女郎花
誰に似たのか 葛の花
咲いてみたとて 摘み手もなくて
砂の枕に もたれて眠りゃ
瞼刺します 潮風が

このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:砂丘の宿 歌手:佐藤勢津子

佐藤勢津子の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP