泣かせて

この曲の表示回数 3,942
歌手:

つかさ学


作詞:

麻こよみ


作曲:

神野悠斗


月日がたてば なおさらに
逢いたさばかり 募(つの)ります
匂い優しい 石楠花(しゃくなげ)の
小径(こみち)に消えた 後ろ影……
風に舞い散る 花よりもなお
儚(はかな)いものです 幸せは
泣かせて 泣かせて 今夜だけ
涙が胸に 溢れます

駅前角(かど)の カフェテラス
あなたが今も 待つようで
瞳閉じれば いつだって
私に笑顔 くれる人……
咲いてひと時 花よりもなお
短いものです 幸せは
泣かせて 泣かせて もう少し
思い出そっと 抱きしめる

風に舞い散る 花よりもなお
儚(はかな)いものです 幸せは
泣かせて 泣かせて 今夜だけ
涙が胸に 溢れます
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:泣かせて 歌手:つかさ学

つかさ学の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-11-02
商品番号:CRCN-8004
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP