さよなら夏の日

この曲の表示回数 68,674
歌手:

山下達郎


作詞:

山下達郎


作曲:

山下達郎


波打つ夕立のプール
しぶきを上げて
一番素敵な季節が
もうすぐ終わる

「時が止まればいい」
僕の肩で
つぶやく君 見てた

さよなら夏の日
いつまでも忘れないよ
雨に濡れながら
僕等は大人になって行くよ

瞳に君を焼き付けた
尽きせぬ想い
明日になればもうここには
僕等はいない

巡る全てのもの
急ぎ足で
変わって行くけれど

君を愛してる
世界中の誰よりも
言葉じゃ言えない
もどかしさ伝えたいよ 今も

ごらん 最後の虹が出たよ
空を裸足のまま駆けて行く

どうぞ変らないで
どんな未来
訪れたとしても

さよなら夏の日
いつまでも忘れないよ
雨に濡れながら
僕等は大人になって行くよ
さよなら夏の日
僕等は大人になって行くよ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:さよなら夏の日 歌手:山下達郎

山下達郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-06-02
商品番号:WPCV-10028
Warner Music Japan

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP