いで湯の郷

この曲の表示回数 2,428
歌手:

渥美晃


作詞:

鈴木正堂


作曲:

鈴木正堂


頬(ほほ)に紅(べに)さす いで湯(ゆ)の郷(さと)は
映(うつ)す月夜(つきよ)の 儚(はかな)さよ
揃(そろ)い浴衣(ゆかた)の移(うつ)り香(が)さえも
誘(さそ)う湯(ゆ)けむり こゝは浜名湖 舘山寺(かんざんじ)

ロープウェイに ゆられて揺(ゆ)れて
波の彼方に 遊覧船(ゆうらんせん)よ
ひと夜(よ)限(かぎ)りに咲(さ)かせた花を
噛(か)んだ白梅 あなた偲(しの)んでひとり旅(たび)

ひとり淋(さみ)しい 女(おんな)の旅(たび)は
浜名大橋(おおはし) 七(なな)つの島よ
待(ま)てばいつ来(く)る いつ又(また)逢(あ)える
未練(みれん)面影 弁天島(べんてんじま)の赤鳥居(あかとりい)
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:いで湯の郷 歌手:渥美晃

渥美晃の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-06-22
商品番号:VPCA-82819
バップ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP