地上絵(「野生の王国のテーマ」)

小暮伝衛門

地上絵(「野生の王国のテーマ」)

作詞:小暮伝衛門
作曲:小暮伝衛門
発売日:1990/04/21
この曲の表示回数:7,211回

地上絵(「野生の王国のテーマ」)
一筋の灯りの列が
ひび割れた大地を照らす
闇よりも更に黒めく
嘆きの主が群がる
身勝手な絵描きはただ逃げるだけ

守れると信じていたが
いつの日にか壊れていた
故郷の空 心の中 永遠に輝け

二度と戻れぬ迷路を
地上絵は過ぎゆくのか
声の限り呼び止める
最後の遠吠えにも気付かぬまま

太陽が消えるその日に
流れる天の絵画よ
産まれくる野生のために永遠に輝け

箱船に乗れぬ報いは
切り倒され食い散らされ
愛という言葉の裏側で
身代りに捨て去られる
二度と戻れぬ扉を
地上絵は出てゆくのか
声の限り呼び止める
最後の遠吠えにも気付かぬまま

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません