赤い月に吠える夜

この曲の表示回数 33,887
歌手:

GO!GO!7188


作詞:

浜田亜紀子


作曲:

中島優美


世界はもう味がなくなって
惰性で噛んでるガムみたいだ

今夜天に一番近い海の底で羽根を広げ
左胸で踊り狂う イカレた臓器のような
赤い月に吠えた

嘘と真実が交わる場所
それすら犯してしまったんだ

今夜風が止む時刻を待って孤独の星が降る
古びた爪跡だらけの緞帳がよく似合う
赤い月に吠えた

今夜風が止む時刻に終わりを告げる鐘が鳴る
きっと「生」にしがみついてそれを見てるだけさ
今夜天に一番近い海の底で羽根を広げ
左胸で踊り狂う イカレた臓器のような
赤い月に吠えた

赤い月に吠えた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:赤い月に吠える夜 歌手:GO!GO!7188

GO!GO!7188の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004/10/27
商品番号:TOCT-25489
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP