名も無い歌でいい

この曲の表示回数 2,352
歌手:

小坂忠 & 尾崎亜美


作詞:

尾崎亜美


作曲:

尾崎亜美


ありふれた恋の物語りと
そのうち嘘のように忘れると
友達が言う
特別じゃない A Sad Song
海を見つめていたあの朝も
波音に消されそうな告白も
突然の雨に濡れながら帰った道も
意味をなくすの?
強いチカラで わたしの頑な何かを
壊して欲しかった
決して消えない想いがあることを
教えて欲しかった

伝えられなかった言葉がある
胸に置き去りの痛みがある
黄昏が言う
旅立ちの時 Life Goes On
名も無いいくつもの歌たちが
風に流されて泣いているのだろう
夢の切れ端を集めて歌う
遠い日を憶い出すため

ふたりでいれば 立ちこめる重たい霧さえ
晴らせると思った
もしもあなたの心に届くなら
名も無い歌でいい

Untitled Song
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:名も無い歌でいい 歌手:小坂忠 & 尾崎亜美

小坂忠 & 尾崎亜美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-05-25
商品番号:CRCP-40458
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP