星を食べる

この曲の表示回数 9,226
歌手:

たま


作詞:

滝本晃司


作曲:

たま


ポケットの中でよくみがいた石をにぎる
流れ星のように息をととのえている
ずいぶんとその目は遠くにあるんだな
カラフルな影ゆれてぼくはそうとうちらかっているよ

化石のとれそうな場所で
星空がきれいで
ぼくは君の首をそっとしめたくなる

目がさめるまではとても自然でいいのに
歩道橋をわたり見上げた空の月が
あのいやな人の顔そっくりにしてるので
ぼくは目をそらして新しいガムを噛む

化石のとれそうな場所で
星空がきれいで
ぼくは君の首をそっとしめたくなる

大きくひらいた目に
ぼくの背中の空の
星がたくさんうつって それはきれいだな

音のない空にうかんだ
星を食べる君
とまらないひざのふるえに くぎをさしながら
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:星を食べる 歌手:たま

たまの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-10-21
商品番号:AXCR-3
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP