雨より冷たい世界(アルバム・ヴァージョン)

この曲の表示回数 2,361
歌手:

鈴木彩子


作詞:

鈴木彩子


作曲:

鈴木彩子


この雨の中 どこに行くのか 教室を飛び出して
投げ捨てるのは 簡単な事 解ってはいるけれど
果てしない空 信じていたい 僕の心の中に
先生だって 解っちゃいない 何が大切なのか

雨が止む頃には この家を出よう 一人で
まわりの大人より 大きくなれるさ 今なら

夏の夢のままに 生きて行くだけさ
いつまでも 忘れないよ
明日吹く風に 涙さそわれて
傷付いても 忘れないよ

独りぼっちで住みついた街 確信できるものは
大きな夢と目の前にした青い海の色だけ

人はこの空や海の色さえも 変えてく
そしてこの僕は その中の一人だろうか

見えない翼で強くはばたいて
終りない僕らの旅に
「寂しさ」や「つらさ」で飛ばされそうなのは
飛び方を覚えるため

地球上でこの瞬間どれだけの人が
描いていた夢を あきらめて行くのだろうか

夏の夢のままに 生きて行くだけさ
いつまでも忘れないよ
明日吹く風に 涙さそわれて
傷付いても忘れないよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雨より冷たい世界(アルバム・ヴァージョン) 歌手:鈴木彩子

鈴木彩子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP