利休絶唱

この曲の表示回数 3,108

天下人でも 頭を下げて
くぐる数寄屋の にじり口
人に上下の ないのが茶の湯
千利休の 点(た)てる茶は
侘(わ)びと寂(さび)との 黒茶碗

明日のある身を どうして絶った
お吟哀しや 痛わしや
親の想いが 解るか花も
咲いたばかりの 詫助(わびすけ)が
今日も一輪 泣いて散る

造り物なら いつかは朽ちる
天にそびえる 聚楽第
今宵詰腹 切らされようと
誰か伝える 後の世に
一期(ご)一会(え)の 茶の心
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:利休絶唱 歌手:二葉百合子

二葉百合子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-04-06
商品番号:KICX-328
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP