いちにちだけの音信不通

この曲の表示回数 1,781
歌手:

渡瀬マキ


作詞:

MAKI WATASE


作曲:

MAKI WATASE


毎日通りすぎてる 一度も降りたことのない駅

テラスにテーブル3つ並べた カフェで雑誌広げた

昨夜の電話の切り方は ちょっと意地悪だったよ

いちにちだけの音信不通 留守電も聞かずに
今日はただ風に乗って 風船みたいにフワフワ 流されたい

噴水広場のベンチで 恋人たちは見つめあってる

今晩あなたが 電話かけてきたら意地悪に切るわよ

いちにちだけの音信不通 気にしてるころかな…?
今はただ風に吹かれ 風船みたいにフワフワ揺れていたい

いちにちだけの音信不通 「早くむかえにきて…」
今日はただ風に乗って 風船みたいにフワフワ流れてたの
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:いちにちだけの音信不通 歌手:渡瀬マキ

渡瀬マキの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-09-21
商品番号:BVCR-719
BMGビクター

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP